• ホーム
  • しつこいいちご鼻の対策にはまずは原因となった理由を探ることです

しつこいいちご鼻の対策にはまずは原因となった理由を探ることです

鼻の頭の毛穴が黒く目立ちいちごのような状態になってしまうと、顔全体のイメージが悪くなります。それに、一度は綺麗にしても気付いたらまたいちご鼻が再発していたという過程を繰り返す人も珍しくありません。なぜ、いちご鼻を繰り返すのかというと、原因を取り除いていないからです。

いちご鼻はなってしまってから綺麗にすることよりも、対策が重要。最初から鼻の毛穴が美しい状態に保たれるようにしておけば、特別なケアを行う必要もありません。何が消え穴詰まりの大元の原因なのかを知り、毛穴に汚れがつまらないような対策をしましょう。

いちご鼻の原因となっているのは角栓で、毛穴から出た皮脂と古い角質が混ざったものです。通常は毛穴から出た皮脂は皮膚の上に広がり、皮膚を守る働きがあります。しかし、皮脂分泌が盛んな鼻は、他の部位よりも皮脂量が多く余ってしまうのが問題。

皮膚にとって必要のない皮脂があると、それが毛穴つまりの原因となるからです。ただ皮脂が多いだけならそこまで深刻ではありませんが、古い角質と混ざり合うとクリーム状になり毛穴から取り除きにくくなります。さらに空気に触れることで黒く変色するので、見た目にも目立つようになってきます。

こうなると、鼻の頭に黒いポツポツがあるように見えて不潔っぽい印象を与えてしまうでしょう。しかし、毛穴に詰まった角栓を取るのは容易ではないので、毛穴に負担をかけて強引に角栓を取り除かないといちご鼻は改善しません。その工程を繰り返すことは毛穴にダメージを加えるので、毛穴自体を広げる結果となり、余計に角栓ができやすい状態を作り出してしまうのです。

そのため、いちご鼻にならないための対策法としては、余分な皮脂が残らないようクレンジングや洗顔を徹底することから始めてください。きちんとクレンジング材を泡立てて毛穴の奥の汚れまで取り除くよう丁寧に洗顔します。既に毛穴に汚れが詰まっている可能性がある場合には、蒸しタオルなどで毛穴を開いてから洗顔するようにすると、より効果的です。

クレンジングを洗顔で皮膚を清潔にした後は、毛穴が開いて角栓ができやすくならないよう、毛穴引き締め効果のある化粧水などを使ってケアしましょう。洗顔後に何もケアをしないと、皮膚の皮脂が不足していると察知した皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されてしまう危険があります。ケアをしないといちご鼻になりやすくなるので、必ずスキンケアをして保湿を怠らないようにしてください。