• ホーム
  • ニキビができやすい場所には必ず原因が!まずは色をチェックしてみましょう

ニキビができやすい場所には必ず原因が!まずは色をチェックしてみましょう

ニキビは皮脂分泌が盛んな思春期だけにできるわけではなく、成人した後も食生活の乱れやストレス、ホルモンのアンバランスなどの原因によってニキビができます。人によってできる場所は異なりますが、いつも同じ場所にできているのであれば、何らかの原因があると考えられるので確認してみたほうが良いでしょう。こめかみ部分もニキビができやすい場所。皮脂の分泌が盛んなことと、髪の毛が触れやすく汚れが入りやすいという二大理由があるからです。また肝機能の低下やストレスとも密接に関わりがあると言われています。

消化器官に問題がある時にニキビができる場所が口周りで、食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸に負担がかかっている場合がほとんど。最近の食生活を思い出して心当たりがある場合には、胃腸に優しい食事を心がけてください。また、冷たいものの取り過ぎで胃腸が弱っている時も、同じように口の周りの肌荒れが起こります。暑い季節に口周りの皮膚があれがちになる人は、恐らく冷たいものの取り過ぎでしょう。

鼻の下や顎から下にある場所もニキビができやすい場所。原因はホルモンバランスの乱れが多く、生理周期も乱れていることが多いようです。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは美肌ホルモンと言われるほどで、肌のキメを整えて皮脂分泌を抑制する効果があります。しかし、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンは皮膚分泌を促進する作用があるため、プロゲステロンが過剰に生産されるような状態になると肌が荒れがちになります。この二つのホルモンバランスが乱れると、鼻の下や顎から下にニキビができるということです。

他には、おでこもできやすい場所で呼吸器系との関わりが深いと言われています。風邪を引いている時に肌荒れしやすい部位です。もしにきびができた場合には、色をチェックして対策法を考えましょう。最も炎症が軽い状態だと、白い色をしており、ケア次第で治すことができます。しかし、過度に刺激を加えると悪化してしまうため、不潔な手で触らないようにして、洗顔をしっかりと行ってください。加えて、疲れているなら睡眠時間を確保する、食事内容を見直すなどの対策をとれば悪化することなく治ってくでしょう。

赤ニキビになっている時には炎症が起きているので、痛みが強い場合には皮膚科にかかるのもひとつの手です。早めに治療をして跡が残らないようにしてください。赤ニキビがさらに悪化すると黄ニキビとなります。中に膿がたまっている状態ですが、無理に押し出すと跡が残るので注意が必要です。