• ホーム
  • ニキビ治療に効果があることで知られるケミカルピーリングの実力を紹介!

ニキビ治療に効果があることで知られるケミカルピーリングの実力を紹介!

ニキビができた後に、ニキビ跡として残ってしまうと特殊な治療をしない限り消すのが難しくなります。ニキビ治療の効果があると言われているのがケミカルピーリングで、特に皮膚科で受ける処置はニキビ跡を消せると評判になっています。

なぜなら、皮膚科で行うケミカルピーリングは、肌の表面に酸性の薬を塗ることで、皮膚表面に溜まった古い角質を取り除く効果があるからです。皮膚表面を溶かして余計なものを除去するので、効果が非常に強く頑固なニキビ跡でも綺麗に治ることが多いようです。

美肌効果を出すための施術はエステでも受けることができますが、ニキビ跡を消そうと思ったら皮膚科で本格的なケミカルピーリングを受けるのがおすすめ。施術の際に使われる薬剤にはいくつかの種類があり、事前カウンセリングの段階でニキビの状態を見て決めてもらえるので安心です。

ニキビ治療の場合には、まず皮膚の表面を意図的に溶かし、それから皮膚の再生を待ちます。強制的に古い皮膚細胞を取り除くことで、皮膚の奥から生まれる新しい皮膚細胞の再生スピードを高めるのがケミカルピーリングの仕組み。

通常だと皮膚表面の細胞が剥がれ落ちてから、次の細胞が表面まで出てくるというサイクルを繰り返します。これだと、皮膚表面にあるニキビ跡が無くなりにくく、いつまでも傷跡として残ってしまうのです。

しかし、ケミカルピーリングでニキビ跡の細胞も取り除けば、まっさらな状態に戻せます。その下から出てきた新しい細胞の再生が終わった頃には、古いニキビ跡も綺麗になくなっているでしょう。祖以外にもできてしまったシミに対しても、ケミカルピーリングが効果的です。紫外線を浴びた事が原因でできたシミで軽度のものなら施術によって、ほとんど目立たない程度まで改善できるでしょう。

ただし、全てのニキビ治療に使えるわけではないということは覚えておいてください。皮膚深くまで傷跡を残してしまった、クレーターと言われる状態のニキビ跡だと、皮膚表面だけに効果を出すケミカルピーリングでは綺麗な状態に戻すのは難しいです。

その場合には、無理にケミカルピーリングで綺麗に使用とするよりも他の施術を行ったほうが効果が期待できるかもしれません。個々人の肌の状態によって効き目には差があるので、皮膚科の医師とよく相談して治療法を決めてください。ケミカルピーリング適応の場合には、一度の施術を受けるだけで、ニキビ跡の悩みから解放される可能性があります。